ポイント付与率と還元率

クレジットカードでポイントを貯める上で一番気になるのはポイントの付与率と還元率です。
現在、一般的なポイント付与率は1,000円の買い物で1ポイントが付くカードが主流です。しかし、カードによっては特約店で利用した場合にポイントが倍になったり、 前年度の利用実績に応じてポイントがアップしたり色々な特典を付けているものもあります。

そして、ポイントを金券等に変えた場合に、全体の利用額からいくらの金券に換えられるかを表したものがポイント還元率です。
ポイント還元率は、現在0.5パーセントというものが主流です。中には2〜3パーセントを超えるものもありますので ポイント付与率と同様にチェックをするようにしましょう。

■ポイント計算方法
例えば、ポイント付与率が1,000円=1ポイントで、ポイント還元率が0.5パーセントの一般的なカードの場合、
1,000ポイントでギフトカード5,000円分となります。
1ポイントあたり5円、つまり1,000円の利用で5円の還元(0.5パーセント還元)という仕組みです。

そして意外と忘れがちなのが、ポイントの有効期限です。カードによっては無期限(永久不滅ポイント)というものもありますが 2〜3年というのが一般的なので予め有効期限をチェックしておきましょう。