リボ払い・分割払いの要注意事項

カード会社が勧めるリボ払いはこんなに危険!
『リボ払いの場合は通常1,000円で1ポイント付与するところを2ポイント付与します』というクレジットカードがありますが、 大抵の場合はポイントを多くもらえたとしても、リボ払いや分割払いの方が損をする事になります。
ポイントアップするからと安易に考えずにリボ払いやキャシングの枠は0円に設定するのが賢明かもしれません。
例えば、10万円を毎月1万円ずつ返済し、手数料金利が実質年利15パーセントのリボを考えます。その際の利息は7497円となり、 還元率が1パーセント上乗せされて2パーセントになったとしても2,000円分のポイントしかつきません。
1,000円分のポイントを多くもらう為に、約6,500円も多く支払う事になります。
リボ払いにした場合い年会費が無料になるクレジットカードやリボ払い専用カードは、リボ払い枠と最低支払い金額を同じ金額に設定しておきましょう。
例えば、リボ払い枠が30万円の場合は、最低支払額も30万円と設定する事で一括払いと同じ事になります。